dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 01日

今朝、

家をでると、2件先のお宅の門構えの所にしゃがみ込んでいる老人。

いえ、動けないのではなく、その門構えの中央門の外側に、犬が「大」をした様で、しゃがみ込んてとっていた。そのとなりには犬が・・・。



例のジャックラッセル君。

この3年間、毎日の様に、会うたびに、むこ〜〜〜〜の方から「いくぞ、いくぞ」の様子で身構え、通りかかる私たちに「ウギャワンヴァンヴァンヴァン・・・」っと吠えかかってくる犬だ。そして通り過ぎてからも、すしば〜〜〜〜〜らく,その声はやまない。

最近は、うちのぼくちんは、無視して通れるようになったが、子犬の頃はおびえていた。あたりまえ。知らない人に毎日怒鳴られたら、人間の子供だって怖がる。実は、わが家のお散歩コースには、わが家を出た所で、うちの犬達に吠えかかってくる犬は、他にも数頭いる。ぼくちん、お散歩いやにならなくて、不思議なくらいだ。

「ああ、いやだなぁ」っと思いながら、ちょっと道を膨らんで車道へ出て、距離を持つようにして通りかかると、,、

やっぱり、「ウギャワンヴァンヴァンヴァン・・・」。

しかも、今朝は、犬が突進してくる。リードをひきずりながら。そのまま突進してきて、車道へ出てきて、うちのドノスケに飛びかかって噛み付いた・・・、(っとは言え、素早いボーダーコリー、さすがにきちんと回避できるので、噛まれてはいません。)

だが、なおも飛びかかってくるので、私は足をその犬の前に出す,、、っと、ジャック君、後ずさる。

あら、、、じゃあ、だめ押ししておこう、っと、もう1歩前足を出し「脅す(はい、脅すつもりで脅しました)」と、ジャック君は「ヒャイン」。やった、これで、このこは、もう襲いかかってこなくなる可能性もあるな,もう1回脅しておこうかな、、などと考えていると、

ジャック君の飼い主、ドノスケを蹴飛ばしました、、、いや、もとい、蹴飛ばそうとしました。(注:サンダルを履いた老人に蹴飛ばされる程、ドノスケの動きはゆっくりではありません)

ブチン!

もちろん、私、怒りましたとも。
[PR]

by saika_divo | 2009-09-01 15:49 | いいたい放題


<< ねーちゃん      またまたアンケート >>