dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 01日

上の子と母

ちびすけ君生後5ヶ月半で、どんどん大きくなり、どんどん動きも速くなり、いろいろと覚えたらしく先回りした行動も多くなり、なのに、なんにも言葉が通じないの(・・・スワレ、だけできるかも・・・)。
f0146384_11423702.jpg
廻りの状況にも興味を示し、,、っというか、今まで気がついていなかったことに気がつくようになり、自転車が脇を通ると追いかけたいし、ハトも蹴散らしたいらしい。モーターバイクの音にはサッと振り向き戦闘体勢を取ろうとするし、サイレン音を鳴らして通り過ぎる緊急自動車をじっと見つめる。後ろから歩いてくる、スマホに大声で話しをしている人には、よっていって何をしているのか確認しようとするのもややこしい。

そう、ややこしさが増している。





っで、ドノと一緒に外を歩こうとすると、落ちつくまでは、ドノに飛びかかって遊ぼう遊ぼう、ちょっと広いところへ行くと、それがどこであれ、遊ぼう遊ぼう、うちへ帰ると、ドノに遊ぼう遊ぼう、事務所へくればあそぼうあそぼう。。。

ドノが道ばたの臭いを嗅いでいればそこへ鼻を突っ込む。

ドノのボディケアをしようとすると私の脇の下に顔を突っ込むし、ドノの頭に着いた草の種を取ろうとすると、一緒になってドノの頭に鼻をつけてくる。

ドノは、私がいけないと言わなければ、そして、自分が気分が良い時には、ディノのやりたいようにさせている。遊ぼう遊ぼう攻撃にも、サッと身をかわしたり、ちょっと乗ってやったり。

なんにも解らないガキなので、ドーちゃん、ごめんね〜〜〜っと、私は、ドノに申し訳ない様な気になる。だいたい、ディノに時間をとられるので、ドーちゃんに相対する時間が少なくなっている様な気もするし。。。

っで、ドノはすごくイイコなのだ!

そんなこんなで気がついた。

私は3人姉妹の一番下。母は、一番上の姉には「さん」をつけ、下の姉には「ちゃん」をつけ、私は敬称略だった。

あれは、母が、末っ子で生まれた私に関わる時間が、その頃はまだ幼かった姉達への時間を割いて創りだしていたことについて、申し訳ないと思った気持ちから出ていたのかもしれない。



[PR]

by saika_divo | 2016-11-01 11:44 | いいたい放題


<< 楽しむ      仔犬 >>