dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:general( 44 )


2014年 01月 06日

あけましておめでとうございます2014

f0146384_14230618.jpg




[PR]

by saika_divo | 2014-01-06 14:25 | general
2013年 05月 09日

おひさしぶり

f0146384_1553587.jpg

GWも終わって、風も昨日までだった様で、今日は、ちょっと夏の様な陽射し。

この写真の時には、まだ丈が低かった笹が、今朝は30センチは伸びていました。

ぼくの競技会シーズンはとりあえず終わって、反省する事や、物思う事や、変更する事や、新しくやり始める事があるらしく、母はお疲れ気味ですが、ぼくは元気。ねーちゃんも元気。
[PR]

by saika_divo | 2013-05-09 15:57 | general
2013年 02月 07日

いろいろ

f0146384_16324224.jpg
ダダは暖かい床暖房の上のふかふかお布団が好き。14歳7ヶ月の冬。

f0146384_16333237.jpg




















ぼくちんは、床暖房のない、固い床の上がお好みらしい。6歳8ヶ月。




お正月が明けたけど、何やらざわざわしていて、あっという間に1月は終わってしまった。

14日、友人が国立小劇場で踊る(日本舞踊)というので、じゃあ、久しぶりに、っと和服で出かけようと思ったら、あの大雪。雪山仕様の服装に着替え、靴ももちろん雪用にした。

More
[PR]

by saika_divo | 2013-02-07 16:38 | general
2012年 05月 17日

おだいじに

今日、2件、癌が見つかった話をネット上で読んだ。

一人は、ずっと昔、ボーダーコリー関連でネット上で知り合い、一度だけお目にかかったことがあるKさん。久しぶりにブログへお邪魔したら、4月末の入院予定が書かれてあった。

More
[PR]

by saika_divo | 2012-05-17 18:38 | general
2012年 01月 10日

ええと・・・

うちのぼくちんは私にとって3頭目のボーダーコリー。

1頭目のディヴォの時は、私は緊張していた。何しろ最初のブリーダーが日本に子犬を出すといったら村八分にすると脅迫されたという理由で、突然向こうからキャンセルしてきた。

聞いて間に入った友人(イギリス人)はその一方的なキャンセルに激怒し、KCに提訴するって息巻いたけど、それは止めた・・・。

More
[PR]

by saika_divo | 2012-01-10 16:57 | general
2011年 12月 19日

冬の朝日

冬なので、朝起きる頃はまだ暗い。

朝日が昇る頃、わが家にはまだ朝日がささないのに、遠く西方に見える富士山や、多摩川近くのちょっと高層の建物には朝日が当たり、オレンジ色に。

More
[PR]

by saika_divo | 2011-12-19 18:02 | general
2011年 12月 12日

いくつ?

さて、もう12月も10日余りが過ぎて、皆既月食も終わって、いよいよ師走。坊主の友人も忙しいと言っているので確かに師は走るらしいが、但し、なぜ走っているかについては、必ずしも語源通りとは限らない。

なんて事はどうでも良いのだけど、いつまでたってもご近所では「若者」扱いのぼくちんも、あと2年もすると、業界設定のシニアの範疇に入ると気がついて、ちょっとショックの私。

More
[PR]

by saika_divo | 2011-12-12 18:53 | general
2011年 11月 23日

どうどうめぐり

そうなの、結局、その犬を心配するのよね。

飼い主なんて、どうでも良い。所詮他人、それぞれの人生、究極、好きにして頂戴、と。

More
[PR]

by saika_divo | 2011-11-23 00:14 | general
2011年 11月 17日

ふ〜む・・・

ご近所のロッティちゃんは、いつもママと一緒にお散歩だ。

ママは、夏はいわゆるアッパッパーを着て、つっかけサンダルを履いて、自転車といういでたち。このところ秋も深まったにので、時々パンツ姿だったりするけど、ワンピースの予時が多く、そして足元は、寒くなって靴下をはいているようになったけど、やっぱりサンダル。

More
[PR]

by saika_divo | 2011-11-17 18:17 | general
2011年 10月 25日

あのひから

気がつけば、あの地震から、もう7月以上が過ぎた。直後の余震の中で、常に揺れているような気分になり、この東京の買い占めにトイレットペーパーの残量をチェックしながら暮し、ガソリンを補充できない可能性と途中で大きな余震が来た場合に動けなくなる可能性を考えて、遠出をひかえ自宅に引きこもった。

地震発生の次の日、近くのスーパーの2階の家電売り場の前を通りかかると、そこにある大型液晶テレビ画面が、鮮明な津波の様子を映し出していた。小さなブラウン管のテレビでしか画像を見ていなかったので、その映像に、私は立ち尽くしてしまった。これはいったい・・・。

More
[PR]

by saika_divo | 2011-10-25 18:51 | general