dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 29日

いもうと

f0146384_18253435.jpg


ぼくちんといもうと。

ディヴォも、ダダも、同胎の兄弟姉妹と会ったことがなかった。
だから、兄弟犬姉妹犬との付き合いを知らなかった。

ドノには、近くに妹、プリンセスがいる。

先日、一緒にフリースタイルの練習をした時に気がついた。

プリンセスは、ぼくちんより、ずっとシャープ。

私は競技オビをしないのだけど、プリンセスは、目下練習中。楽しみ〜。
[PR]

by saika_divo | 2008-07-29 18:37 | sweet heart
2008年 07月 21日

ぼくちん

f0146384_21264348.jpg

かわいいです、ぼくちん。

思い通りにならないことばかり。腹もたつし、悲しくなることだって。でも、かわいい。なんなんだろう、どうしてだろう。

かわいいなぁ。
[PR]

by saika_divo | 2008-07-21 21:39 | sweet heart
2008年 07月 14日

しょくじ

犬ご飯、夜は私が自分で作る。自宅では良いのだけど、外出先ではこれが厄介。なので、冷凍生食既製品を購入したら、、、

ダダ子姫様は、おいしくいただいてくださいました。

んがっ、ぼくちん、

初めての時、鶏肉とのコラボ飯だったのだが、とりあえず、何事も無く(に見えた)完食。

2回目、やはり鶏肉、野菜、ヨーグルト、カッテージチーズ、ごま、ひじき等々とのコラボ、、、っと言うことだと、いつもと手間が変わりがないじゃん、っで、とりあえず、ごゆっくりながらぼくちんは召し上がった・・・っと思ったら、全部、床の上に出す!

フロントラインをつけた日だったし、直前まで、屋上で水遊びをしていたので、そのせいか、、、っと。だって、元気だし、次の日の朝もちゃんと食べたし(ドライフード)、おなかの調子が良い証拠を見せてくれたし。同じものを食べた、ダダは、元気だし。

2日開けて昨日、冷凍生食既製品にした。時間がなかったし。でも、食べないと言い、見るのもいや、という顔をする・・・。ダダは、すぐに、同じものを完食したのに。念のため、ドライをボールの中に入れると、それは食べるんだそーだ。っで、今朝のプープーも、絶好調。

つまるところ、冷凍生食既製品は、彼はお気に召さないということのようだ。見るのもいや、で、しかも、戻すほどに「あわない」らしい。

たくさん買っちゃったのにっ。ダダは食べてくれるけど、ぼくちんの為は作らなければ、ということだと、時間短縮という私のもくろみは完全に外れることになる。

f0146384_1427323.jpgf0146384_14274896.jpgf0146384_1428557.jpgf0146384_14282337.jpg
f0146384_1429717.jpg


犬の写真って、難しい。



うごくし。
[PR]

by saika_divo | 2008-07-14 14:37 | sweet heart
2008年 07月 13日

偶然?

いるはずの場所にも、時々いる場所にもいないダダはいったいどこにいるの?と探すと、手に入れて以来、なかなか利用者のいなかったクールボードの上で寝ている彼女を発見した。

ダダに無視し続けられ数年間、やっと、その価値を認められた、、、、と思ったけれど、ダダ子姫移動。ん〜・・・、さっきのあれは、単なる偶然?
[PR]

by saika_divo | 2008-07-13 00:27 | sweet heart
2008年 07月 11日

しゃんそん

しゃんそんのCDを注文してみた。
[PR]

by saika_divo | 2008-07-11 18:21 | basics
2008年 07月 08日

やっぱり

ASTC/JSDTAのシープドッグトライアルの、シープドッグゲームに参加して、ドノは、もちろん、走り回っておしまいだったのだけど、ダダは、とりあえず60点を獲得して、あと5秒を残してギリギリの時間で完走し、結果、ダダは3席だったのだけど・・・。

何と、4席のKちゃんとは、たったの1点違いだったそうだ。

3席は、嬉しいのだけど、何となくね、、、、

だって、4席のKちゃんのママ、落ち着いていたし、状況もちゃんと解っていたし、時間も5分半くらいでゴール(ペン入れ終了)していたし、どうみても、Kちゃん達の方が、良い競技をしていた。

まあ、これが競技というものかもしれないけど、、、私がきちんと解っていたのなら、嬉しい結果なのだけど。

競技中、唯一よかったと思えるのは、ダダと私は、羊を外へ出さなかったこと。その減点が無かった。特に、Yを通過したあと、ダダに指示を出して、羊の柵外逸走を防いだ。あれを見て、ダーちゃんって、えらい!っと思ったです。

それくらいしか、自分なりに評価できる内容は無かった。

それ以外は、、、何やっているか解らなかった。Zを3頭通過したのは、優勝者のゆうゆうさんの立ち位置を見習ってみたら、羊さん達通っていった。ゆうゆうさん、えらい、と思った。

Xは、クロスに通したかどうか自信が無かった(つまり、自分のやっていたことが解っていない)ので、もう一度通そうと必死になって時間を費やしてしまった。外野の方達の「ペンに行け」の声に、半信半疑でXをあとにした。

途中、前回の練習の時に失敗したことを、また繰り返した。コーナーに羊が固まってしまった時に、ダダが、はがす時にばらけさせてしまうこと。同じことを、競技中やってしまったし。

ペン入れのあと、羊の入れ替えの為、Mさんに、ダーちゃんにギャザリングさせて、と言われて、「えっ・・・そんなこと、ダダにはできません」と答え、「できるわよ」というMさんの声に、これまた半信半疑でダダをペンの中に入れると、えらいねぇ、ダーちゃん、ちゃんと羊を追い出してこちらへ連れてきましたよ。
[PR]

by saika_divo | 2008-07-08 14:46 | herding
2008年 07月 04日

またまたさる

またまたさるなのだけど・・・。

お勉強中に、遠くで鳥の声が響き渡る、、、と思っていたら、ドノの動きに集中が切れ、おさるさん登場。っと言うところで、ダダと交代し、ドノにはハウス。

おさるさんの声は、もう、のべつまくなし状態で、響き渡る。お勉強が終わって移動するのだけど、どうも、おさるは、移動する方向にいる様子で、困ったなぁ・・・。

ところが、ドノは、声の方向へ率先して歩く。前の時とは大違い。成長したのかしら?と思ったけれど、wrong!

この日は、おさるさんは、調教というよりも楽しみの為の外出だったようで、ご近所仲間のE君のおかーまによると、木登りをしているらしい。遊びの声のようだった。

っで、ちびドノは興味津々、そちらへ行こうとする。でも、そっちへは行かないでおこうね、ボクちん。

私たち、人の耳には、うるさくてうるさくて、とても心地より声とは言えないさるの遊び声。もううるさくて耐えられないという人間達の意見をよそに、その遊び声はドノの恐怖の対象では無いようだ。

調教中のあの声は、やっぱり、悲鳴なのか?
[PR]

by saika_divo | 2008-07-04 11:33 | sweet heart