dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 15日

熱中症

暑い時期、昔、ダダが熱中症になりかけた。

朝7時前、大木の連なる草地の、その大木の影の中で、一つのサッカーボールを追いかけるボーダーコリー7〜8頭。大外を回るダダ。ボールを止めて休ませると、その後動かなくなり、、、、変だ・・・!

ダダの頭を触ると、熱い。水道の下へ連れてゆき水をかけた。ダダはじっとして動かない。しばらく体を冷やしてから日影で休ませると、15分ほどで回復した。

怖いです。


屋内でも起こす熱中症。知人宅では猫ちゃんが熱中症。クーラー嫌いの人間も、やむなくクーラーを使い始めたという。

友人宅では、帰省中暑い室内で一人がんばっていた冷蔵庫が熱中症。クーラーをつけて室内を冷やすと少しはお仕事を始めたらしい。しかし、完全復活とはいかず、買い替えとなるらしい。
[PR]

by saika_divo | 2008-08-15 11:44 | charming
2008年 08月 12日

夏です!暑い。

ちびはもうそろそろ、我が家の子になって2年。まあ、こんな暑い時に、よくもまあ、無事にやってきたのねぇ。

夏は水遊び、、、

屋上プールは、あまりにも大きなものを買ってしまったので、何しろ水を入れるのが大変、数センチ水を入れたら、もう絶対に動かせない、排水が大変(ルーフドレーンの縦樋から、ごぼごぼと音を立てて排水)、っということで、このところはお蔵入りになっていた・・・。

っで、もっぱら、水やりシャワー遊びの日々。

この大きすぎるこには、恒久的にお蔵入りしてもらうことにして、直径で2/3のものを手に入れた。直径で2/3ということは、面積だと、なんと4/9、半分以下になるんだなぁ〜っと、変に感心。って、ことは、同じ水量で、水深が2倍以上にできるということ。

底のおもちゃをとってもらいましょう!

そういえば、水鉄砲もどこかにあったはず...。

この4/9プールに、犬達がどう対応するかは不明。

涼しい高地の草原での犬達。
f0146384_1624435.jpgf0146384_16264179.jpg
池のほとり。この草は、新緑の頃には、「うるい」と間違えて食べて中毒を起こす人がいるらしい。成長すると、こんな風になる。
[PR]

by saika_divo | 2008-08-12 16:36 | sweet heart
2008年 08月 04日

あのふるい・・・・。

あの古い電話は、どこへ行ってしまったのでしょう?
This is Where old phones go.

楽しい写真が載っています。
[PR]

by saika_divo | 2008-08-04 15:38 | charming
2008年 08月 01日

このこはどこから?

3ヶ月にもならない子犬が動物愛護センターに持ち込まれる。飼育放棄。殺してください、と持ってくるというわけ。いや、もしかしたら、情報量がそれよりも多くて、レスキュー団体が引き出してくれる、と思って持ち込むのか・・・。

3〜4歳の犬が持ち込まれる。レスキュー団体が引き取るが、人を噛む。気に入らないと噛む。自分の意志を持った行動をしようとすると、まず、噛む。噛むことが、この犬の意思表示、つまりはコミュニケーションの手段なのだろう。

こんなコミュニケーション手段しか持っていなかったら、おそらく、犬だけの社会では生きていけなかっただろうに、でも、人社会に暮らす犬だから。

もう少し若い犬、愛護センターに持ち込まれる。やはり噛む。食事の器を守って噛む。

動物病院へ「安楽死をさせてくれ」と持ち込まれた犬、獣医師が殺すにしのびなくレスキュー団体に連絡を取ったのだが、やはり、噛む。5歳の犬、このこも食事の器を守って噛む。

この犬も、これしか意思表示の仕方を知らなかったのだろう。噛むことにより、ますますコミュニケーションがこじれ、互いの意思の疎通を図れないままに、飼い主が安楽死を望む、ということなのだろう。


持ち込む飼い主、犬の生家、ブリーダーと連絡を取ることもできない状態だったのだろう。こういう犬達が、どこから来たのかを、動物愛護センターは、情報として集計して欲しい。

ブリーダーから来た犬もいれば、ペットショップから来た犬もいれば、訓練所からの犬もいるし、ネットショップで買った犬もいる、ということなのだろうか?

私の単純な思考は、ブリーダーや訓練所など、繁殖した主を知っていれば、ある程度、そこへ相談するなりするだろうし、生後3ヶ月の子犬を愛護センターへ持ち込むことは考えにくいと考える。



フリースタイルの競技会や、練習をできる場所、ビデオを撮ることができる場所を探してネット上をさまようと、様々な犬関連施設が目に入る。犬を見せ物にする犬テーマパークって、まだまだある。

元イベント犬を救え、なんていうレスキュー劇は古く、広島のイヌテーマパークの崩壊のレスキューがあった。一般マスコミも騒いだ。

でも、犬テーマパークは無くならないし、子犬の店頭販売(店頭展示販売の犬の流通の大本に、悪徳ブリーダー(もどき)がいることは、もちろんなんだけどね)もとても繁盛している。

犬テーマパークの躾教室だってあるんだし。

そういった大騒ぎの、大本は解決されていない。議論さえされない。

「業界」としては、子犬を供給する場は、多い方が良い。


株式会社としてレスキューシェルターを経営しようとした会社もあったしな。儲からないからと言って、会社は手を引き、シェルター収容犬は残った。




フリースタイルは派手だから、そんな、業界に狙われる。
[PR]

by saika_divo | 2008-08-01 12:31 | いいたい放題