dance with Dono

donodance.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 22日

ざれごと

昨年10月に、こんな投稿をしていた。私はその事をすっかり忘れていた。

この時にアップした画像は、確かそのちょっと前に、東京都に登録している木造住宅耐震事務所の集まりの会で、依頼されて(っというか、ほとんど命令されて)作った啓蒙の為のポスターを、自分の事務所バージョンね修正したものだ。



自分の事務所用という事で、犬の飼主の方達に向けて、ダダの写真を使った。このバージョンを都耐協の方に見せると、こちらの方が評判が良かった。ペットを飼うお宅は多く、犬の顔の方が親近感を感じるのかもしれない。建物の構造の専門家達ですらそうなのだから、専門外の人達にとってはなおさらだろう。

311の地震以後、自分の暮す、あるいは仕事をしている建物の耐震性に関心を持つ人は多くなった。耐震診断、補強設計、補強工事を希望する方は、グンと増えた。っで、私も、多くの古い建物を診る事になった。

感じるのは、古いから耐震性が無い、っというのではなく、その建物を新築あるいは改築した時の、その仕事をした人達の、耐震性に対する「無関心」だ。この人達の中には、もちろん建物の建築の関し、その合法性を確認し、承認し検査し使用を許可する仕事を担うはずの「役所」も入る。都市計画上の法規を制定し、遂行する事の意義を考える事なく役目として業務を流してきた「役所」という意味である。

ん〜〜〜・・・

ま、どこへ行き着いたら良いのか解らなくなったので、これでこの投稿はおしまい。
[PR]

by saika_divo | 2011-08-22 12:04 | met.


<< JBCN      とりあえずとまれ >>